女の人

副収入を得るためには土地活用を行ない駐車場を作ろう

家賃滞納が心配な方は

マネー

家賃債務保証とは、一定の手数料を払ってもらうことで、家賃債務保証会社が住宅の賃貸借契約において求められる連帯保証人となる業務です。万一、賃貸物件の賃借人に家賃の滞納があった場合は、家賃債務保証会社が賃貸人である大家に家賃の立て替え払いを行います。法的には、代位弁済と言われるもので、手数料を払っているとはいえ、賃借人は立て替えてもらった家賃に相当する金額を返済しなければなりません。賃貸物件を借りるときに必要とされる保証料は、会社によって異なりますが、家賃の半月分、1か月分がおおよその相場の額です。契約更新を行う場合、初回よりも手数料が安くなるのに対して、滞納をしてしまった場合は、契約を更新できない可能性が高くなります。滞納家賃を立て替えるのはビジネスであって、本当に払ってもらわないと会社としても儲けなければならないからです。

家賃債務保証がビジネスとして成り立つ背景には、高齢化の進展など日本における社会の変化があります。核家族化が進み、年金生活で給与所得のない親や親戚は連帯保証人の資格がありません。加えて、連帯保証債務を負うことを頼みづらい風潮となっていますので、高齢者の世帯あるいは一人住まいの世帯においては、連帯保証人を探すことそのものが難しくなっています。また、賃貸人である大家の側からすれば、家賃の滞納があっても、家賃債務保証会社が必ず支払ってくれますので、面倒な督促を行う必要がなくなるというメリットがあります。社会や経済の情勢は今後も変化し、人々の考え方もますます多様化していくことが予想されます。家賃債務保証のような機関による保証業務は他の分野でも需要が出てくる可能性があります。